毛深い人が舐めれれる理由

毛深い人が舐められる(格下に見られる)理由|女子にとっての脱毛とは

人間だれしも舐められたくないものです。

 

でも、集団に属すると、自然とその中での序列が決まるものです。

 

要は、相対的に「上に見られる人間」と、「下に見られる人間」とに自然と分類され、ヒエラルキーが作られるのです。

 

人が集まるグループに共通して見られるので、「学校」でも「仕事場」でも「ママ友の集まり」でも同じです。

 

2人以上の他人がコミュニケーションをとる以上、どちらが「格上」でどちらが「格下」か、本能レベルで決まってくるということです。

 

舐めるという行為の意味するところ

人から舐められる、人を舐めてかかる。

 

そもそも舐めるという行為はどこから湧き出るものなのか。

 

舐めるとは、「相手、または事を、頭から馬鹿にしてかかる。みくびる行為」と定義されています。

 

そう考えると、好き好んで屈辱的な思いをしたいはずもなく「舐められたくない!」と誰もが思うでしょう。

 

舐められない人の特長

舐められたくないと思うなら、舐められない人の特長を自分に取り入れるのが簡単だし最短ということになります。

 

舐められない人の特長をありのまま書き出してみると

 

  • 何かが起きてもビビらずてんぱらず卑屈にならない
  • きちんとした身なりをする。
  • 常日頃堂々とした態度をとる。
  • 自分に自信を持つ
  • がっちりした身体を作る
  • 「低く」「ゆっくりした」話し方をする
  • 余裕があるオーラを持つ

 

端的に言うと、舐められない人は、初対面から「きちっとした身なりで見た目が堂々としている」と言えます。

 

 

つまり、見た目がださいとなめられる。

 

ということは、表情に自信があるとバカにされなくなる。

 

背筋を伸ばしたり、不必要にヘラヘラ同調せず、目力を入れる。

 

もちろんフレンドリーさは持ち合わせた上での話です。

 

難しいですけどね。

 

毛深いと見た目で舐められる

 

毛深さの話に戻ります。

 

私も以前は毛深かったのでわかるのですが、毛深いと「見た目が綺麗ではないので」自分に自信が持てず、相手からも「この人全然自分自身を手入れしていないな。」結果的に相手から下に見られる(舐められる)ことに繋がります。

 

シェイプアップしたり、脱毛して全身をツルツルしたりするというのは、彼氏のためとかではなく、自分自身に自信を持つために欠かせないことなのです。

ムダ毛は絶対に抜いてはダメ!

医療脱毛に通おうが、脱毛サロンに通おうが、個人の自由ですが、一つ言えるのはムダ毛は絶対に抜いてはダメだということです。

 

 

自己処理脱毛として、また特に脇などは「抜く」という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

確かにスポッと抜けますし、また次に生えてくるまでに時間が稼げるので、この方法でムダ毛の悩みを凌いで来られた方は多いと思います。

 

 

 

しかし、これを続けているうちに「あれ?なんだか皮膚の表面が凸凹になってきた気がする」と気が付かれて初めて脱毛サロンに行くことを考え始めた方は少なくないと思います。

 

 

 

何故なら、一昔前までは脇だけでも何万もしましたのでなかなか脱毛エステへ行こうという、ふんぎりはつかない人もいると思いますが、最近の脱毛サロンはワンコインで始められるため想像以上にリーズナブルです。

 

なので、低価格になった今、「とりあえず脇だけでもサロンへGO!」と美を追求する女性には呼びかけたいという思いです。
しかし「抜く」という方法で自己処理をされていた人が、サロンへ行くと1番に当たってしまう壁が「もう抜いてはダメですよ」という指示です。

 

 

サロンで脱毛を始めたら、もう抜いてはいけなくなるのです。
何故なら、せっかく毛根を殺していく作業に入っているのに抜いてしまうと、また毛根が開いてしまうからです。

 

 

では次の予約までに生えてくる毛はどうすればいいのか?というと、シェーバー、もしくはまゆ毛用の鋏のようなもので切る、ということになります。

 

ちょっと我慢のしどころとなりますがすぐに慣れるので心配は不要です。

 

「自分に自信を付けたい。」
「キレイになって他人に小馬鹿にされたくない、舐められたくない」

 

という女性は、脱毛など外見を磨く努力をすることも一つの手段になります。